【体験談】妻の保険を解約してきました

お金の勉強

こんにちは!ぽんです。

 

今回は体験談ということで、皆さんも気になる人もいると思われる「保険の解約」について書きたいと思います。

 

私は民間保険には入っていないのですが、妻が結婚する前に保険に入っていました。その妻の保険の解約について一緒に見ていたのでその時のことをそのままお伝えしていこうと思います。

 

保険の内容としては、生命保険、医療保険、個人年金ということで、多くの日本人が入っている保険3種の神器のようなタイプでした。加入期間は3年でまだ解約しても傷が浅い状態であったのではないかなと思いました。(笑)

 

妻に解約することを納得してもらう

 

最初にやることは保険の担当者に電話などで解約の意思を伝えることですが、その前にやることがあります。

 

まずは妻に解約するのを了承してもらう必要がります。

 

別の投稿でも述べたように、最初に妻と相談して民間保険に入るメリットの低さとリスクをしっかり伝えて納得してもらいました。ここがそもそもクリアでないと喧嘩になって解約どころでは無くなりますからね。(笑)

 

改めて保険に入るべきでない理由をこちらからご覧ください。

 

ぽん主観ブログ | 人とお金を大事にしたい人向けブログ
【必見】私が保険をおすすめしない理由%ef%bd%9e周りに/

 

 

皆様自身の保険の解約であれば、特に問題はないですが、パートナーだったり、親だったり子供の保険になると本人の意思がないと解約ができないのでしっかりとお互い納得したうえで電話をしてください。

 

担当者に電話で解約の意思を伝えると、承りましたが一度お会いしてそこで手続きをさせて下さいという風に打診をされたので会って話すこととなりました。

 

実際に担当者と対面

 

約束した日になって担当者がやってきました。

 

想像していたよりは普通の人でした。(どんな想像をしていたんだ)自己紹介があり早速本題へと入っていきました。

 

 

この時点で「なんで保険解約するんですか?」「理由を教えてください!」みたいな展開になることを予想して、別投稿のようなリストを事前に準備して対応できるようにしていたのですが、特にそのような問い詰めもなく「では手続きしていきますね~」という感じであっさり進んでいったのでちょっとだけ拍子抜けしてしまったところはありました。

 

生命保険と医療保険は掛け捨てタイプであったため解約返戻金というのは発生しないのですが、個人年金は当然積み立てタイプになるので返戻金が減って帰ってきます。

 

 

ちょっと待ってぽんさん!

 

「私が保険をおすすめしない理由」には掛け捨ての生命保険は入ってもいいと言っていたのに解約しちゃうんですか?

 

おぉ、鋭いですね。確かに「私が保険をおすすめしない理由」では掛け捨ての生命保険は入ってもいいと書きました。そこで書いたこと自体は間違ってないんですが、今回解約した理由は2つあります。

 

・子供がまだ生まれていない
・もっとお得なプランの会社で契約すればいい

 

生命保険に入る理由のほとんどが子供が一人前になるまでに死んだときに必要なお金を残したいというところですが、ウチはまだ子供がいないのでそんなにすぐに欲しい保険ではないというところでした。

 

併せて、そこの会社の掛け捨てのプランが死亡保障が1000万円で月々の支払が3000円という内容でした。

 

正直他の会社と比較して割高なプランという印象が強いです。掛け捨ての生命保険はお得なネット保険で手数料を少しでも払わないようにするのがいいかなと思います。

 

ここでは少し脅されたというか「入る人の健康状態によって入れる保険も限られてきますからねとは言われましたが、先のことなんて分からないけど、不健康に生きている人たちが悪いだけで、保険に頼らず健康的な生活を送る前提なので大丈夫ですと強気に気持ちを保ちました。

 

今更ですが、保険に入る・解約するとかいう以前に、暴飲暴食や喫煙している人はその状態を改善することが大前提ですからね?

 

タバコなんて吸ってて、癌が怖いから保険に入るなんてどMなお金の使い方してはダメですよ(笑)

 

話をもとに戻しますが、個人年金の解約返戻金はだいたい3年間で35万円くらい払っていて25万円くらいに減ることとなりました。

 

「10万円損するのは勿体ないですよ」という話でしたが、10万円のマイナスを30年間で考えると年間3000円くらいに分散できるので、複利で運用すれば全然カバーできる金額です。ということで問題なし!

 

 

ここでサインして終了かな?と思っていましたが、最後に切り返しが少しだけありました。「お金をもって増やせるプランがあるので紹介だけさせてください」

 

ほぅ、最後の最後で少し粘りを見せてきた。

 

リスクは増えますが、もう少しリターンを期待できるプランがあるということでした。

 

知識がない人だと「じゃあ聞いてみようかな」となるところかと思いますが、ここでいうリターンはほぼ意味がないくらいの誤差にしかならないということに注意しましょう。何度も話している、単利と複利の違いですね。
単利は多少リターンを増やしても、トータルリターンで複利に遠く呼ばないからです。

 

まぁそんな説明して余計にこじれても嫌なので、必要ないです。ときっぱり意思を伝えました。

 

最初で最後の攻撃(?)をかわして、解約のサインをして無事終了。

 

実際には会話の流れで保険の手数料などを聞きました。
保険会社がどうやって儲けているのか、やはり最初の数年間で解約する人をケアして、初年度の手数料が異常に高いようです。なので、解約するのはいいですが、入らないのが一番いいですね(笑)

 

 

まとめ

 

無事保険を解約できてほっとしています。

 

日本の家庭の9割は何かしらの保険に入っている中、解約をしたほうがいいと気づいても中々踏み出せない人も多いでしょう。

 

向こうも商売なので、解約をさせないようにあなたを説得にくるかもしれません。でも大事なのはしっかりと情報を頭にインプットして、プロの説得に一方的にやられないこと。そして、自分を信じて強い心をもって「No!」を言えるようになることです。

 

しっかりと自分のため・家族のために正しい知識を入れようとするあなたであればきっと大丈夫です。これからもコツコツと学んでいって幸せな人生を歩んでいきましょう!

今回はこのへんで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました